未分類」カテゴリーアーカイブ

その他のチェック事項

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

遺族年金は、もしもの時に遺族の生活を保障するために機能しますが、2014年3月まで、遺族基礎年金の支給を受けることができるのは、「子供のいる妻」もしくは「子供」に限定されていました。しかしながら、その後、性別による区別を無くすべく、「子供のいる妻」から、「子供のいる配偶者」へと変更されました。このことにより、現在では、父子家庭でも遺族基礎年金を受給することができる状況となっています。ただし、こちらの変更内容は、2014年4月に、遺族基礎年金の受給条件が改正された日以降に、父子家庭となった場合にのみ適用されます。したがって、改正日前に父子家庭であった場合、遺族基礎年金の受給資格はありません

ところで、結婚した後、2人とも若く、子どもがいない間は、2人のどちらにも高額な死亡保障は必要ありません。ただし、近々子どもが欲しいと考えるのであれば、若いうちに高額な死亡保障を確保しておくのも1つの選択肢になります。年齢が若い間は、支払う保険料の負担が軽いために、高額な保障を確保しやすいというメリットがあります。保険料の負担を少しでも軽くして、高額な保障を確保するためには、定期保険など、掛け捨てタイプの保険商品を利用するのがおすすめの方法になります。

共働き世帯の場合

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

結婚して共働きをしている場合、出産や育児で妻が一定期間働けなくなる可能性があることを踏まえて、保険見直しをすることが大切です。特に、貯蓄性のある商品では、途中解約がデメリットとなるため、長期的な視野を持って、保険料の支払いを継続することができるよう、バランス良く予算を立てることが大切になります。

共働きの場合、死亡保障は、夫のみならず、妻に対する分もしっかりと確保しておくことが大切です。そのような場面では、まず、もしもの時に残された家族の暮らしや子どもの教育費など、必要となる金額を算出しましょう。その後、必要な金額から、社会保険などでまかなえる公的保障の金額などを差し引けば、必要な死亡保障の金額を算出することが可能となります。共働きの世帯では、そのようにして、2人分の死亡保障に必要な金額を算出する必要があります。

遺族年金は、もしものことがあった時、残された家族の暮らしを保障するために機能する公的保障です。受け取ることのできる遺族年金の内容は、加入している公的年金の種類によって異なります。したがって、必要となる遺族年金の保障金額を計算するためには、それぞれの職業や加入している社会保険の内容、収入金額などに気を配ることが大切になります。

見直しの時期と内容

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

就職や結婚、出産など、ライフステージに大きな変化があった時は、生命保険の見直しを行なうのも1つの選択肢になります。中でも、結婚した場合には、もしもの時に残された家族の暮らしを守る責任を、結婚した2人の両方が背負い込むこととなります。結婚してからは、パートナーと協力し合って、お互いの家族や暮らしを守る責任が発生します。2人の内、どちらにも、もしもの時に家族の生活を守る責任があるため、保険を見直す場合にも、パートナーと一緒に考えることが大切になります。

保険見直しについて、パートナーと共に話合いの場を設ければ、お互いの加入している保険の内容をチェックし、無駄な保障内容を見つけ出したり、加入している保険の内容を配偶者に知らせ、いざという時に給付金や保険金を受け取れるようにしたりすることが可能となります。

結婚して共働きになった世帯では、妻が現在仕事をしていても、これから先、子どもが生まれたり、子育てをしたりするために、ある程度の期間働けなくなる可能性があります。そのような事情を考慮に入れた上で、保険の見直しをすることが大切です。とりわけ貯蓄性のある保険商品の場合、途中で解約するとこうむる金銭的デメリットが大きくなるという問題があります。

結婚の時の保険見直し

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

結婚するにあたって、保険の見直しをしようとお考えの方はいらっしゃいませんか?そのような場面では、専門の業者が用意している相談窓口を利用するのも1つの選択肢です。こちらの方法を実践すれば、保険見直しに関する疑問や不安を担当者に質問・相談し、回答やアドバイスを得ることができます。保険の見直しに関する疑問点や不明点に、「どのような時期に見直しをすれば良いのか」、「具体的にどう見直せば良いか」といったものがあります。これから保険の見直しをしようという場面では、あらかじめそれらのポイントを押さえておくと、いざという時になってから慌てなくて済みます。

人生の中でも、就職や結婚、出産など、大きな変化があった時には、生命保険を見直すことも検討すると良いでしょう。それらの内、結婚をした場合、もしもの時に残された家族の生活を守る責任は、結婚した2人ともに掛かって来ます。したがって、結婚した後は、パートナーと協力して、両方の家族や生活を守ってゆく必要があります。また、保険の見直しをするにあたっても、パートナーと話し合って、見直しの時期や内容を決定することが大事です。そのように、話し合いの場を設けることで、お互いの加入している保険の内容が分かり、保険の見直しに役立ちます。

このカテゴリーでは、保険見直しに関するさまざまな情報をお届けします。これから結婚するにあたって、保険の見直しや相談窓口の利用をお考えの方は、参考にしてみて下さい。